main
 
HOME < 誰もが1度は憧れる夢の職業 < 相当過酷なアダルト業界
誰もが1度は憧れる夢の職業

相当過酷なアダルト業界

過酷なアダルト業界

AVは、セックスのエンターテイメント性を重視するため、視聴者への見せ方を追求します。男優は、『魅せるセックス』を追求しなければいけません。また、主役たる女優の引き立て役にならなくてはいけません。

中には、イメージと現実のギャップで、男優を諦めてしまう方もすくなくありません。過酷なアダルト業界で生き抜く術を身につける為には、どのような事を覚える必要があるのでしょうか??

http://news.ameba.jp/20130709-563/

 
line
重要な仕事

【いつでも勃起出来るかが重要な仕事】

男優の仕事は、勃起をしなければ役に立たないと言っても過言ではありません。勃たないから撮影が中断される…と言う事も珍しくありません。どんなシチュエーション、相手、役どころでも、勃たなくてはいけないのです。

某有名男優の方は、男には全く興味が無くても、ゲイモノの撮影の時には完全に勃起してプレイをするそうです。

 
臨機応変に対応

【自分が望むセックスが出来るわけではない】

「セックスが出来る職業だ!!」と憧れを抱いている方もいると思いますが、決して自分が望むセックスが、出来る訳ではありません。

状況などに応じて、臨機応変に対応しなくてはいけませんし、カメラワークや女優を撮影しやすい様に、意識して演技しないといけません。視聴者がつい興奮してしまう様な作品を、作らなくてはいけないのです。

 
緊張感

【沢山の人に見られながらの緊張感】

撮影の最中には、いろんな方が自分たちのプレイを見ています。監督やスタッフ女性や男性関係なく見られています。演技だけならともかく、セックスを見られているのです。緊張感は半端では無い様です。

 
相手を選べない

【相手を選べない仕事】

男優になったからと言って、必ずしもキレイな女優や、好みの女優とセックスが出来るわけではありません。時には男とセックスをしなくてはいけない時もあるでしょう。

相手が選べないからこそ、過酷な世界です。選り好みは出来ない上に、実際にプレイまでして、イカなくてはいけません。

AV男優と言う仕事は、自分の想像を絶する世界です。エロのエンターテイメントを追求する覚悟が出来ますか??

 
 
Web Design by 無料テンプレート