main
 
HOME < 誰もが1度は憧れる夢の職業 < 憧れる仕事だけに覚悟が必要
誰もが1度は憧れる夢の職業

憧れる仕事だけに覚悟が必要

覚悟が必要

アダルトビデオの世界は、世間一般の方には未知の世界でもあります。セックスを仕事にしているため、日本の文化には中々浸透しにくい事もあるでしょう。

最近では、エンターテイメント表現の自由化によって、だいぶ認知される様にもなってきました。年々、AV女優、男優共に業界で活躍されている方は増え続けているそうです。

http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20111027-00021863-r25

中でもここでは、男優にスポットを当てて、アダルト業界を目指している方に、少しでも役立つ情報や知識をお届けしています。AV業界に参入するにあたって、どのような覚悟を持てば良いのでしょう。

 
line
世間に公表される

【世間に自分が公表される】

作品に出演する男優達は、ほとんどが顔出しされる場合が多い様です。世間に少しでも、後ろめたい気持ちを持ちたくないのであれば、出来ない職業でもあります。

自分が作品に出演することにより、自分の知り合い、友達などに見られる覚悟が必要です。

 
メンタルが必要

【あまりいい目ではみられない】

世間はあまりにも矛盾しているもので、作品を見るのは良くても、いざ仕事となると、知り合いなどがアダルト業界にいるだけで、あまりいい目では見てくれません。

例え批判や中傷があったとしても、乗り越えられるだけのメンタルが必要です。だいぶ認知される様になりましたが、偏見の名残はこれからも残る事でしょう。

 
長く続けられる仕事ではない

【長く続けられる仕事ではない!?】

体力と精神力が重要視される職業だけに、年を重ねると働く事が難しくなります。中には、オヤジや老人の企画モノで出演している方もいますが、体力的に長く続けられる仕事では無い様です。

男優業では、AV女優の様に、デビューして2〜3年でしっかり稼いで引退、とはいかない面もあるそうです。

 
体のケアが1番の仕事

【体のケアが1番の仕事】

男優の仕事は、女優とセックスをし、さらに女優を引き立たせる仕事でもあります。役者のスタイルが違うだけで、芸能界の俳優と何ら代わりはありません。

体のケアはとても重要です。商売道具の男性器に関しては、特に日頃のケアが必要になるでしょう。射精をコントロールする技術や、いつでも勃起させられる技術も身につけなくては、仕事になりません。

AV男優の仕事は、夢の様な仕事でもありますが、とても過酷な仕事でもあります。問題も色々ありますが、憧れの職業であれば、覚悟の上挑戦してみるのもいいかもしれません。

 
 
Web Design by 無料テンプレート