main
 
HOME < 誰もが1度は憧れる夢の職業 < AVを仕事にするなら知っておけ!過酷な男優の苦労・苦悩
誰もが1度は憧れる夢の職業

AVを仕事にするなら知っておけ!過酷な男優の苦労・苦悩

過酷な男優の苦労・苦悩

男優業を目指すのであれば、過酷な現実も知っておく必要があります。美人で可愛い女優さんたちとセックスをしてお金を貰える、多くの人のAV男優のイメージはこんなところではないでしょうか。確かに、それこそが彼らの仕事となります。ですがそれは、視聴者側から見ることができる男優の一面的な姿でしかありません。セックスをして射精をして気持ち良い、AV男優の本質というのはそれだけではないのです。想像以上に過酷で厳しい現実の中で生きている男優たちの素顔を少しだけ垣間見てみましょう。

 
line

【女優と男優、それぞれどれくらいいるの?】

AV業界の女性と男性の比率はどれくらいなのかご存じですか?撮影スタッフは男女比が大体9:1程度になります。女性はほとんどが広報などの仕事をしていて、男性は実際に現場に入って撮影に関わります。出演者に目を向けると、男女比が逆転して1:9となります。正確な統計はありませんが、女優が1万人程度に対して男優は100人にも満たないと言われているようです。つまり、一人で百人もの女性とセックスをこなさなくてはいけないということですね。

 

【少ないからこそ過酷になる男優の仕事】

男女比を見ると、「なんて羨ましいんだ!」と思うかもしれませんが、これってかなり大変なことです。売れっ子になればほぼ毎日セックスをしなくてはならず、しかも複数回射精しなくてはいけません。実際に、1ヶ月に100本近くもの撮影をこなして疲労困憊の男優も少なくありません。しかも、休んでしまえばその分は収入になりませんから、生活面で困ってしまいます。さらに、監督からお呼びがかからなくなれば、男優業は廃業となります。そうならないためにも、辛くても大変でも、現場にでて頑張って射精しなくてはいけないのです。男優は少ないからこそ過酷、体力・精神面でハードになってしまうんですね。

 

【男優たちの厳しい現実とは?】

また、他にも男優には厳しい現実が待っています。基本的にはフリーランスで活動している人が多く、収支に関しては自己管理しなくてはいけません。しかも、社会保障がないので全て自腹になり、会社員よりも引かれる額が多くなります。それに加えて社会的信用が薄く、カードを作ったりローンを組んだりということが、一般人に比べて非常に困難というケースも少なくありません。

たとえば、車の購入では一括で支払わなくてはいけないことが多く、現金のみが信頼の証…という状態のようです。さらには、物件を借りる際にも審査で落ちてしまうケースが意外に多いと言われています。生活面ではかなり現実的な苦労が絶えないのが男優なのです。

また、結婚などで家庭をつくる際にも、男優は一般人にはない大変さがあります。女優さんと知り合ってそのままパートナーになるケースはけっこう多いそうです。羨ましい限り…と言いたいところですが、恋人や妻が仕事で他人とセックスをしている…そう考えると辛いですよね。一流男優たちは頭では割り切っているとはいえ、心のどこかでは不安を感じているといいます。さらに、子供ができた時にどうするか、これも大きな問題です。実際に、子供ができたことをきっかけに引退する、そういう男優も少なくありません。胸を張って言える仕事なのか、理解してもらうにはどうしたらいいのか…普通の人にはない苦悩が男優にはあるんですね。

 
 
Web Design by 無料テンプレート