main
 
HOME < 誰もが1度は憧れる夢の職業 < 男優になるために覚えておくべき自覚や意識
誰もが1度は憧れる夢の職業

男優になるために覚えておくべき自覚や意識

自覚や意識

「女優さんとエッチできて楽しそう」そんなことを思って男優を志す人は少なくありません。確かに美人な女性とセックスをし射精をすることが生業ではありますが、それだけではとても勤まらない職業です。あくまでも仕事として世の男性たちの性欲を掻き立てさせるサポート役として徹しなくてはいけないのです。男優になるために持つべき意識について考えていきましょう。

 
line

【気持ちいいだけではダメ】

美しい顔立ちに抜群のスタイル、妖艶な雰囲気を持つ女性とセックスをしてお金を貰える…男にとってAV男優が憧れの職業であることは間違いありません。とはいえプライベートと違って仕事でセックスをするわけですから「気持ち良い」だけでは正直いって成り立ちません。お金を貰うプロである以上、やるべきことはたくさんあります。自分の性欲を満たすためのプライベートとは違い、プロのセックスにはどのような意識が必要なのか考えましょう。

 

【イカせるよりも派手な技を】

男優と言えば華麗でパワフルなテクニックの数々を思い浮かべる人もいるでしょう。プロのエロプレイヤーになるわけですから、当然素人のようなセックスでは相手にされるわけありません。プロフェッショナルとして恥じないテクニックを身に付けなくてはいけなのです。 とはいえ「イカせる」ことを重視する必要はありません。もちろん女優の性感を引き出すために最低限の性技は持ってなくてはいけません。しかし男優が悦ばせるのはAVを観てくれている視聴者たちです。DVDを観ている人が「俺もあんな技を使いたい」「男らしい潮吹きテクに憧れる!」そう思われなくてはいけません。本質的な性技よりも、魅せるテクニックを意識していきましょう。

 

【視聴者がいるという意識を持とう】

撮影中は「観られている」という意識が大切です。AVは女性と二人きりのセックスとは違います。女優も男優も一つの駒としてAV愛好家たちの性欲を掻き立てるプレイを魅せなくてはいけません。例えば自分が気持ち良いと感じたらそれを声や態度、または演技で視聴者に伝える必要があります。観ている人が世界に入り込めるようにセリフもしっかりと話せなくてはだめです。射精にしたって自分の意思ではなく、撮れ高が確保できない限りは発射してはいけないのです。 正直言って男優という仕事はやるべきこと、考えるべきことが多くて性的に気持ち良いと感じる暇はないかもしれません。カメラが回っている間は常に視聴者を意識して「最良のプレイ」を模索し続ける、それがAV男優のお仕事なのだと覚えておきましょう。

 
 
Web Design by 無料テンプレート