main
 
HOME < 誰もが1度は憧れる夢の職業 < AV男優でもヒゲやタトゥーは入れてもいいの?
誰もが1度は憧れる夢の職業

AV男優でもヒゲやタトゥーは入れてもいいの?

タトゥーは

AV男優と一口に言っても色々なタイプの人がいますよね。肉体派であったり、正統派のイケメンであったり、小太りのおじさんだったり、おじいちゃんまで…!AV作品には様々な内容があり、それに合った男優さんたちがちゃんと存在しているということですね。

ですから、個性がある人は特定の作品では重宝されやすいという傾向があります。 ところで、外見上の個性といえば「ヒゲ」や「タトゥー」というものもあります。男優の中にも生やす・入れる人もいるようです。果たしてこれらはAV業界でどのような扱いを受けているのでしょうか?

 
line

【ヒゲを生やしている男優って少ない?その理由は?】

今の世の中、ヒゲを生やす男性は少なくありませんよね。芸能人でもけっこう生やしている人がいます。壮年の俳優であれば「ダンディー」な雰囲気がでますし、新人タレントであれば「野性的」「男らしさ」といった味がでることでしょう。芸能人だけでなく一般人でもヒゲを生やしている人は増えてきています。オシャレの一環として、社会的にも認知されてきているのでしょう。

しかしAV男優はヒゲを生やしている人があまりいません。これはなぜでしょうか?基本的にAV作品の中で、ムダ毛はあまり好ましく思われていません。特に男優の毛というのは視聴者にも良いイメージがないのでなるべく処理をするのが望ましいとされているのです。ですから、ほとんどの男優は短髪ですし、全身のムダ毛もほとんど処理されています。ヒゲに関しても、一部の男優を除き、生やしている人はいないのです。

別に生やしてはいけないなんてことはありません。ですがスタンダードではないですし、現場で監督から「作品に合わないので剃ってください」と言われることもあります。それを理解しておくようにしましょう。

 

【AV界でタトゥーはどういう扱いを受けているのか?】

若い世代ではタトゥーを入れている方も見かけるようになりました。海外アーティストや日本のミュージシャンなどの影響からか、ファッションの一環として入れているようです。これも時代の流れなのでしょう。

さてタトゥーそのものが良いか悪いか、という議論はまず置いておきます。ですが、AV男優として働きたい!という場合は注意した方がいいかもしれません。最近の若い男優の方の中にはタトゥーを入れている人もいます。AVは裸を視聴者に晒すという特殊な環境です。そのため、入れ墨を隠すなどのことは難しくなります。監督によっては「あまりタトゥーを映したくない」という人も少なくありません。女優のものならばいいのですが、男優の入れ墨となると「悪目立ち」してしまうからです。AVにおいて男は脇役でありますから、それも当然の感覚と言えるでしょう。そのため、特定の監督に呼ばれにくくなる、といったデメリットがあります。

とはいえ、絶対にタトゥーを入れてはいけないということでもありません。実際に作品を何本か観ていくとわかりますが、腕にファッションタトゥーを入れている男優はけっこういます。ですから、仕事がまったくないわけでもないのです。あくまでも、仕事が限定される可能性がある、程度に覚えておくと良いでしょう。

 

【生やす・入れるは自己責任で!】

近年、ヒゲやタトゥーはオシャレの一環として認知されてきています。ですが、AVというある種の閉鎖された空間の中では認めてくれないケースもあり得ないわけではありません。そのときにどのように対応するか、それが大切です。 ヒゲを生やす、タトゥーを入れるのは自己責任。それを踏まえてオシャレを楽しんでいきましょう。

 
 
Web Design by 無料テンプレート